新人事:Q-CTRL、Zapata、Kipu Quantum、およびNQCOの経営陣

日付:2022-09-08 提供:Quantum Computing Report 翻訳:Hideki Hayashi

Q-CTRLは、Alex Shih氏を製品担当責任者に任命した。同社の製品管理チームを率い、技術をより多くのエンドユーザーに提供できるよう支援していく。入社以前は、Slackで技術製品責任者を務めたほか、Airbnb、Planet、Twitter、Google、Raytheonでの実務経験をもっている。今回の就任に関するニュースリリースはこちらから。


Zapata Computingは、Jay Liu氏を製品責任者に任命した。Liu氏は、Zapataのテクノロジーと顧客の製品戦略およびプラットフォーム拡張の責任者となる。Zapata入社以前は、NS1で製品戦略担当副社長を務め、Dell EMC、Turbonomic、Brightcove、Cisco Systemsなどで指導的な役割を担ってきた。Liu氏の入社を発表したZapataのニュースリリースは、こちらから。


Daniel Volz氏が、Kipu Quantumの共同創業者兼CEOに就任。同社は、産業界における量子的優位性を競合他社よりも早く実現することを目標に、早期実用化のための特定用途向け量子コンピューティングに取り組んでいる。Kipu Quantum入社以前は、BASFのプロジェクトマネージャーとして、社における量子コンピューティングの戦略策定と試験的な利用を主導してきた。それ以前は、McKinsey & Companyのシニアマネジメントコンサルタントとして、複数の主要産業と地域にわたるMcKinseyのグローバル量子コンピューティング活動の構築に貢献してきた。Kipu Quantumのサイト


Gretchen Campbell博士が、米国国家量子調整事務所(NQCO)の新しい副所長に就任。このオフィスは、米国国家量子イニシアチブの調整と支援に必要な日常的な活動を実施する。Campbell博士は、他の連邦政府機関から派遣されるNQCO職員と同様に、NIST/メリーランド大学のジョイント量子研究所でレーザー冷却とトラッピングの研究グループを率いている現職から、この役割のために派遣される予定。NQCOのCharles Tahan所長による就任のツイートはこちら