Quandela、ゲート型のプログラムをフォトニックプロセッサー上で動作させるためのコネクタを開発

日付:2022-08-03 提供:Quantum Computing Report 翻訳:Hideki Hayashi

フォトニックプロセッサー用のネイティブな量子プログラムは、超伝導、イオントラップ、その他の量子モダリティ用に書かれたネイティブゲート型プログラムとは大きく異なるものになるだろう。一方、Qiskitや他のゲート型用プログラミングプラットフォームで書かれた量子コードには、フォトニックプロセッサーで実行することで恩恵を受けるかもしれないものが既に存在している。つまりフォトニック技術は、室温で動作して、計算の品質を損なう外部環境の影響を受けにくいため、他よりも優れているのではないだろうか。


Quandelaは、ユーザーがフォトニックプロセッサーを試すための別の道を提供するために、Qiskitなどのサードパーティーの量子プログラミングフレームワークで書かれたプログラムを、同社のオープンソースPercevalフレームワークで実行できるフォトニックバージョンに変換する「コネクタ」を導入している。Percevalは、ユーザーが光量子プログラムを設計し、シミュレートすることを可能にしている。現在、Percevalはバックエンドとして4種類のアルゴリズムから選択できる光量子シミュレータをサポートしている。また、2022年秋にクラウドでの提供を予定している、6量子ビットフォトニックプロセッサにも対応する予定だ。Percevalフレームワークとこの新しいコネクタの詳細については、こちらのLinkedInの投稿と、こちらのPercevalのページを参照。