Q-CTRL、量子センシング事業部を新設

日付:2022-08-16 提供:Quantum Computing Report 翻訳:Hideki Hayashi

Q-CTRLは、これまで培ってきた量子制御技術を活かし、応用として量子センシング分野の新たな部門を設立した。量子ナビゲーション、永続的地球観測、磁気異常検出などのアプリケーションに焦点を当てていく。また、超高感度ソフトウェア定義型量子センサーの開発も行っており、防衛、ナビゲーション、鉱物探査、気候モニタリングなど、多くの分野で近い将来応用が期待されている。アプリケーションでは、移動するプラットフォーム上でこれらのデバイスを使用する際に、信号を安定化させることが課題の一つとなっている。


同社はすでに、高度なナビゲーションや宇宙用量子センサーを含むプログラムにおいて、6,000万ドル以上の公示量子センシング契約を獲得したチームに参画している。Q-CTRLのセンシング活動の詳細については、同社のウェブサイトに掲載されているプレスリリースを、また、量子センシングに関するページはこちらを参照。