Planqc、中性原子ベースの量子コンピュータ開発で460万ユーロ(約6.5億円)の資金調達

日付:2022-07-03 提供:Quantum Computing Report 翻訳:Hideki Hayashi

ミュンヘンに拠点を置く planqc。同社は、マックス・プランク量子光学研究所と、Ludwig-Maximilians大学ミュンヘン校のスピンアウト企業で、光学格子に閉じ込められた中性原子に基づく室温量子コンピュータを開発中である。今回の資金調達は、UVC PartnersとSpeedinvestが主導した。同社はミュンヘン量子バレーから誕生した最初の新興企業である。


Planqcは、ColdQuanta、Atom Computing、Pasqal、QuEraなど、レーザーで制御された中性原子に基づく室温量子コンピュータを開発する他の新興企業に加わることになる。同社は、マックス・プランク研究所にある光格子シミュレータで、すでに2,000個以上の原子を日常的にトラップし、制御していると発表している。詳細は下記プレスリリースを。また、同社の創業者の一人が執筆し、arXivに掲載された中性原子技術に関する技術論文は下記リンクから。


プレスリリース

https://www.uvcpartners.com/blog/max-planck-scientists-found-planqc-to-build-highlyscalable-quantum-computer


技術論文

https://arxiv.org/abs/2110.08073#