Multiverse、Boschと協業し、自動車用電子部品製造工場における品質、効率、性能の最適化を実現

日付:2022-08-04 提供:Quantum Computing Report 翻訳:Hideki Hayashi

MultiverseとBoschは、デジタルツインと呼ばれるプロセスで、Boschの製造工場の機械とプロセスフローの量子コンピューティングモデルを作成することに取り組んでいる。これは、工場内の活動をコンピューター内にモデル化して、シミュレーションや最適化を行うことで、さまざまなシナリオの下で工場がどのように機能するかを予測する技術だ。


両社は、スペイン・マドリッドにある自動車用電子部品工場のモデル化に、Multiverseが開発したカスタマイズ量子アルゴリズムと量子インスパイアアルゴリズムの両方を使用する予定である。品質管理の強化、全体的な効率性の向上、廃棄物の最小化、エネルギー使用量の削減を実現する方法を見つけることを目的に、このパイロット導入の最初の結果を年内に得ることを期待している。


Boschは合計240の製造工場を有し、12万台以上の機械と25万台のデバイスが接続され、デジタル制御とセンシングによって性能を最適化することができる。そのため、このデジタルツインのコンセプトの導入が成功すれば、今後さらに多くの工場に拡大し、同社の生産性に大きなアドバンテージをもたらす可能性があるという。


このコラボレーションに関するMultiverseのニュースリリースは、こちらのサイトからアクセスできる。