D-Wave、Mastercardと共に、金融業界の課題に対する量子的ソリューションを模索

日付:2022-07-21 提供:Quantum Computing Report 翻訳:Hideki Hayashi


 Mastercardは、ニューヨーク州パーチェスに本社を置くアメリカの多国籍金融サービス企業。2021年現在で、24,000人以上の従業員と188億ドル(約2.6兆円)を超える売上高を誇っている。同社は、安全でシンプル、スマート、かつアクセスしやすい取引を実現することで、世界中のすべての人に利益をもたらす包括的なデジタル経済を実現することを目指している。そして、そのためのツールの一つが、ミッションを実現するために可能な限り先進的なテクノロジーを活用することだ。


 今回、D-Waveと複数年にわたる戦略的提携を結び、量子コンピューティング・ソリューションのビジネスへの導入を検討することになった。彼らが取り組む問題には、国境を越えた支払いにおけるより効率的な決済手順の開発、消費者へのより多くの選択肢とパーソナライゼーションの提供、個人レベルでの消費者報酬プログラムの最適化、早期発見につながるより効果的な不正検出アルゴリズムの発見などが含まれていくだろう。アルゴリズムの作成とリアルタイムでの実行には、D-WaveのLeap™量子クラウドサービスを利用する予定。この共同研究の詳細については、D-Waveが提供するニュースリリースを。また、潜在的なアプリケーションの一部を紹介する短いビデオも参照。