Baidu、新型量子コンピュータと量子クラウドサービスプラットフォームを発表

日付:2022-08-28 提供:Quantum Computing Report 翻訳:Hideki Hayashi

この量子プロセッサーは「Qian Shi」と名付けられ、超伝導技術により10量子ビットを実装している。また、次世代36量子ビットのマシンを開発中で、調整可能なカプラを使用して、より優れた絶縁、クロストーク耐性、より高いゲート忠実度を実現する予定であることも示された。Baiduは、このマシンと他の量子プロセッサへのアクセスを提供するために、Liang Xiと呼ばれるクラウドベースの量子操作環境も発表している。Liang Xiには、量子クラウドアクセスを提供するQuantum Leaf、量子制御のQuanise、QEPという量子誤り訂正ツールキット、量子機械学習のPaddle Quantum、量子ネットワーキング・ツールキットのQNETなどのソフトウェアモジュールが多数含まれている。


興味を引くのは、Amazon BraketやMicrosoft Azureが複数の異なる量子プロセッサへのインタフェースを提供できるのと同じように、Liang Xiプラットフォームも他の量子プロセッサへのインタフェースを提供できることである。最初にサポートする外部のプロセッサは、中国科学院が開発したトラップドイオン型の量子デバイスだ。Baiduは、4年以上前から量子技術に取り組んでおり、この技術に関するコア特許をすでに200件出願している。Baidu の量子技術に関する発表詳細は、プレスリリースを参照。